読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rock Me!開発者ブログ

DEVELOPERS BLOG

Dockerに躊躇してる人は公式チュートリアルをやってみると良いかも

Docker

こんにちは。福本です。

時々フロントエンドの手伝いをしてもらってる方と、ふとインフラの話になって、お互いに、Dockerやってみたいんだけど何か進まないよね。。本だけ溜まって。。みたいな話をしていました。 なんとなくの仕組みはわかるけど、ちゃんとやろうとすると時間かかりそうだなあという意識の壁にさえぎられ、一歩が進まず。

そんな時、社内wikiにCrowiを導入するのがきっかけで、ちょっと手をつけることができました。 最新のバージョンで検索機能が加わって、本格的に使ってもよさそうだな〜と思っていたのですが、動かすのにNode, Mongo, Redis, ElasticSearchなどが必要で、Mongo以外はちゃんと使った事がなく、環境構築めんどくさいな〜と、まあこちらも二の足を踏んでました。 ただ、調べてみるとDocker ImageとDocker Composeでの構築方法を公開してくれている方がいて(bakudankun/crowi - Docker Hub)、これならさくっとできるかもしれないと思い、踏み出してみました。(Crowiの導入記事は後ほどアップします)

ひとまずDockerのベーシックな動きは把握しておかないとと思い、チュートリアルを探すと意外と本家のがシンプルで良い感じでした。
Get started with Docker
Dockerの本は色々とでてますが、どれもちょっと重いなあという印象だったのですが、こちらは超初心者向けで、英語もとてもやさしく書いてあるのでサクサク進められます。 自分と同じく何となく躊躇している方にはおすすめです。

実際さわってみると、今までの概念が変わってくるなあとちょっとした感動。 アプリケーションと実行環境が一緒になって、こんな軽量に動くのか〜。 クラウドが浸透してきて、Function as a Serviceやマイクロサービスへの動きも活発になっていくなかで、コンテナ技術は重要な存在だな。 とりあえず一歩踏み出しておいてよかった。