読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rock Me!開発者ブログ

DEVELOPERS BLOG

Homebrew-caskとBrewfileでGUIアプリも管理する

Mac

開発部の福本です。

Macのクリーンインストールする必要があり、ついでに環境構築の自動化を進めてみます。 chefやvagrantが当たり前になってきたので、手元のMacも同じように管理したいですよね。 App Storeのものはまだ良いですが、DL元探してきてゴニョゴニョとしていくのはさすがにしんどいです。 brewの拡張であるHomebrew-caskを使うことによって、通常brewにはないGUIアプリについても管理していきます。

準備

  • brewのインストール
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • Xcodeの規約に同意してない警告がでたら、下記でサクッと。
sudo xcrun cc

Homebrew-caskのインストール

# caskのDL先をbrewと同じ/usr/local/以下に、シンボリック先を/Applications/に変更
export HOMEBREW_CASK_OPTS="--appdir=/Applications --caskroom=/usr/local/Caskroom"

brew install caskroom/cask/brew-cask

これで使えるようになっているはずです。

brew cask search hoge

で検索できるので、アプリが見つかったら

brew cask install hoge

でインストールができます。

他にも下記のようなコマンドがあります。

brew cask search hoge # 検索
brew cask install hoge # インストール
brew cask uninstall hoge # アンインストール
brew cask list # インストールしたアプリのリスト
brew cask cleanup # 不要ファイルの掃除

Bundlefile

ここまででアプリのインストール作業の自動化ができました。 もう一歩進めてBrewfileでこれらのアプリをまとめて管理できるようにします。 おなじみのGemfileやVagrantfileのbrew版になります。

が、、、現在は本体から外されてしまっているみたいですね。
homebrew - brew bundleが使えなくなったのでとりあえず使えるようにした - Qiita こちらを参考に、

brew tap homebrew/boneyard

で、使えるようにしました。

下記のようにBrewfileを用意して、

brew bundle

と打つと、インストールされていきます。
(インストール済みのものはWarningがでます)

参考までにBrewfileを晒しておきます。(まだ全部の挙動を確認できてないですが^^;)

update
upgrade

install git
install zsh

cask install appcleaner
cask install alfred
cask install astah-community
cask install clipmenu
cask install chefdk
cask install cyberduck
cask install dropbox
cask install firefox
cask install flux
cask install genymotion
cask install google-chrome
cask install google-drive
cask install google-japanese-ime
cask install imageoptim
cask install iterm2
cask install karabiner
cask install macvim
cask install phpstorm
cask install rubymine
cask install seil
cask install shupapan
cask install totalfinder
cask install vimr
cask install vagrant
cask install virtualbox
cask install vlc

cleanup

注意点

Alfred

補足で、ランチャーに古いバージョンのAlfredを使っていると、シンボリックリンクされたアプリを拾ってれなく対応が必要だったのですが、v2.6からは対応不要です。 App StoreのAlfredは古かったので、caskから入れるようにしました。

GoogleChrome

シンボリックリンクがはられた状態だと、1Passwordのプラグインでformに書き込みができなくなってしまったので手動インストールに変更しました。


弊社ではエンジニアを募集しています。 是非リクルートページをご覧になってください。

リクルートページ